読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SDN開発エンジニアを目指した活動ブログ

〜SDNなオープンソース製品を実際に使って試してみる〜

Mac OS X環境のVMware Fusion上で、vSRXを動かす

これまで、JUNOSを扱った経験がなかったので、vSRXを用いてJUNOSの勉強環境を作成したいと思います。
こちらが、参考にさせて頂いたslideshareです。

www.slideshare.net

◆ vSRXのイメージを、ダウンロードする

まずは、Juniper.netでアカウント登録しておきます。
そして、Juniperのダウンロードサイトから、vSRXのイメージ"vSRX VMware Appliance with IDE virtual disk"をダウンロードします。

Download Software - Support - Juniper Networks
f:id:ttsubo:20151115061516p:plain

◆ ovfTool を使って、VMX フォーマットに変換する

VMware Fusionがインストールされている環境には、すでに、ovfToolも配備されているはずです。
(なお、私の場合、VMware Fusion バージョン 7.1.3 に最新化してから、変換作業に着手しました。)
以下のようにして、vSRXイメージを変換します。

$ ls -l Downloads | grep ova
-rw-r--r--@  1 ttsubo  staff  2156820480  8  4 13:23 media-srx-ffp-vsrx-vmdisk-15.1X49-D15.4.ide.ova

$ mkdir vSRX
$ cd /Applications/VMware\ Fusion.app/Contents/Library/VMware\ OVF\ Tool
$ ./ovftool --acceptAllEulas /Users/ttsubo/Downloads/media-srx-ffp-vsrx-vmdisk-15.1X49-D15.4.ide.ova /Users/ttsubo/vSRX/vSRX.vmx
... (snip)
Completed successfully

$ cd
$ ls -l /Users/ttsubo/vSRX/
total 5156104
-rw-------  1 ttsubo  staff  2639921152 11 15 05:53 vSRX-disk1.vmdk
-rwxr-xr--  1 ttsubo  staff        1631 11 15 05:53 vSRX.vmx

VMware FusionにvSRXイメージを取り込む

VMware Fusionから、vSRX.vmxファイルを指定して、vSRXイメージを取り込みます。
そして、vSRXイメージを起動してみます。
loginプロンプトが出力されたら、rootユーザでログインします。
その後、「cli」を入力して、オペレーションモードに移行してみます。

f:id:ttsubo:20151115070707p:plain

以上で、vSRXイメージをVMware Fusionに取り込むことができました。

◆ vSRXイメージをVMBundle化する

vSRXイメージも、他の仮想マシンのイメージファイルと同じように扱いたいので、最後に、VMbundle化してみます。

ひとまず、仮想マシン"vSRX"をシャットダウンしてから、VMware Fusion上の仮想マシン"vSRX"を削除します。
この時、”ファイルを保持”を選んで、仮想マシンを削除してください。

つづいて、仮想マシンのイメージファイルを移動させます。

$ mv vSRX Documents/Virtual\ Machines.localized/
$ cd Documents/Virtual\ Machines.localized/
$ mv vSRX vSRX.vmwarevm

Finderから"書類"->"仮想マシン"に移動して、先ほどのvSRXイメージのファイル名を"vSRX.vmwarevm"から"vSRX"に変更します。
再度、VMware Fusionから、vSRXイメージを取り込んでください。

以上です。